ニキビはどうしてできる?まずは生活習慣の改善を

シェアする

ニキビはどうしてできる?まずは生活習慣の改善を

いくつになっても気になるニキビ。

ニキビができるとなんだか憂鬱で、出かけるにも億劫になっちゃいますよね。

一言で「ニキビ」と言っても、実はいろいろな種類があるんです。

今回は、そんなニキビについてお話しします。

そもそもニキビはどうしてできる?

健康な肌の表面には、適度な皮脂が分泌されており、皮脂膜と呼ばれるものがあります。

しかし、その皮脂分泌が過剰になったり、汚れや古い角質によって毛穴が塞がれて、毛穴の中に皮脂がたまると、アクネ菌が活性化し、ニキビができるのです。

そしてニキビには、「思春期ニキビ」「アダルトニキビ」があります。

思春期ニキビ

【年代】10代

【場所】Tゾーン

【原因】過剰な皮脂分泌

【対策】肌を清潔に保ち、皮脂分泌を調整する・殺菌する

アダルトニキビ

【年代】20代〜

【場所】頬、口周り

【原因】ホルモンバランスやターンオーバーの乱れ・乾燥

【対策】洗顔後、水分や油分のバランスを整えてターンオーバーを正常化する

食事・睡眠時間をきちんとする

紫外線対策をする

思春期ニキビは脂性肌の人にできがちですが、アダルトニキビはどんな肌質の人もできる可能性があります。

こんなにある!ニキビの種類

正常な肌は皮脂が表皮にとどまることなく、スムーズに排出できます。ターンオーバーと呼ばれる肌の生まれ変わりが正常に保たれており、肌のバリア機能も守られているため、ニキビができにくい状態です。

しかし、このバランスが崩れると、以下のようなニキビができてしまう可能性も……。

・黒ニキビ

毛穴が開いて皮脂や汚れが酸化し、先端が黒ずんでしまった状態

・赤ニキビ

毛穴に溜まった皮脂が酸化し、そこにアクネ菌などの雑菌が繁殖して炎症を起こした状態。赤く腫れたり、痛みやほてりがあります。

・白ニキビ

厚くなった角質によって皮脂の出口である毛穴が塞がれ、皮脂が排出されにくくなった状態。皮脂がたまり続けると、皮膚がぽつんと盛り上がる白ニキビへと変化します。

・黄ニキビ

赤ニキビの炎症が進んで膿を持ってしまった状態。色素沈着や、クレーター状のニキビ跡に繋がります。

ニキビケアにはまず生活習慣の改善を!

睡眠をきちんと取る

栄養バランスのよい食事をする

紫外線対策はきちんと

清潔なタオルを使う

・メイクはきちんと洗い流す

・顔を洗う時はごしごし洗わない

ストレスをためない

どれだけよい化粧水を使っても、薬を塗っても、根本の生活を改善しないことにはニキビは治りません。

まずは健康的な生活習慣を身につけることを心がけましょう!