SPFとPAって?日焼け止めの選び方

シェアする

だんだんと気温も上がって、今年も夏が近づいてきましたね!
そんな夏に欠かせないのが日焼け止め!

塗るのはめんどくさいけど、紫外線はお肌の天敵!
肌は黒くなっちゃうし、シミの原因にもなるから絶対に防ぎたい!

ですが、みなさん日焼け止めの「表示」について、ちゃんと理解していますか?

そう、それは……

「SPF」「PA」!!

これ、どんな日焼け止めにも必ずついている表示なんですけど、知らない人って多いんじゃないでしょうか?

かう言う私も、

「よく分からないけど、とりあえず一番強そうなやつ買っちゃおう!」

と適当に選んでいました……😅

だけど私は超絶敏感肌。

よくよく考えたら、表示が強いものって肌に塗っても大丈夫なの?

たまに見る「紫外線吸収剤不使用」とかって、一体どういうこと?

今回は、そんなちょっとした疑問にお答えします!

そもそもUVAとUVBって?

よく紫外線のことを「UVA」とか「UVB」って言いますよね?

UVAとは、紫外線A波
UVBとは、紫外線B波のこと。

この2つには以下のような特徴があります。

【UVA(紫外線A波)】
・紫外線の95%を占める
・波長が長く、真皮まで届く
肌を黒ずませる(サンタン)
シワ・たるみなどの光老化に繋がる

【UVB(紫外線B波)】
・紫外線の5%を占める
・波長は短いが作用が強い
肌を赤くし、炎症を起こす(サンバーン)
シミ・そばかすを発生させる

どちらもとってもおそろしい作用をもたらす紫外線!
では引き続き、日焼け止めの表示について見ていきましょう。

SPF=UVBをどれくらい防ぐか

SPFは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略。

「UVB(紫外線B波)をどれくらい防ぐか」を示しています。

SPF1が、肌に赤みが現れるまで大体20分ということ。

つまり、SPF30なら600分(10時間)、SPF50なら1,000分(約17時間)、肌に赤みが出るのを遅らせられる……ということです。

そう、つまりSPFの強さは「防御力」というよりは、「防御時間」を表しています。

SPFが高い日焼け止めを塗ったからといって、完全に紫外線をカットできた!と喜ぶのはNG。
どの日焼け止めを選んでも、こまめに塗りなおすことが重要です。

PA=UVAをどれくらい防ぐか

PAは、プロテクション・グレイド・オブ・UVA(Protection Grade of UVA)の略。

「UVA(紫外線A波)をどれくらい防ぐか」を示しています。

PAは+を使って以下のように表記されています。

PA++++ 極めて高い効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+ 効果がある

肌の弱い人は要注意!
もう1つ注意すべき日焼け止めの表示

SPFとPAの違いが分かったところで、「結局は強いものを選べばいいんだ!」と思う人は多いと思います。
もちろん、大半の人はそれでもいいと思いますが……

気をつけてほしいのは、肌の弱い人。

「日焼け止めを塗ったら、なんか肌がピリピリする……」
「敏感肌だから、やっぱり一番強いものはためらっちゃう……」

そんな人たちが気にすべきなのは、SPFやPAより、
「入っている成分」なんです!

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

日焼け止めには、大きく分けて「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2種類があるんです。

ドラッグストアなどのPOPに「紫外線吸収剤不使用!」と書かれていたり、日焼け止めのパッケージを見ると「紫外線散乱剤」と書いてあるのを見たことがありませんか?

紫外線吸収剤とは、紫外線を肌の表面で吸収してからエネルギーに変えて放出します。

高いSPF値の製品には、この紫外線吸収剤が入っていることが多いです。

紫外線から肌を守る力は強いのですが、その分、肌の負担も大きく、肌が赤くなったりかゆくなったりすることも。

「なんだか日焼け止めが合わない気がする……」という人は、紫外線吸収剤が原因かもしれません。

一方、紫外線散乱剤は、受けた紫外線を散乱・反射させることで紫外線による肌へのダメージを防ぐもの。

敏感肌の人や赤ちゃんにおすすめの日焼け止めです。

結局、どの日焼け止めを選べばいいの?

紫外線吸収剤を使っているからと言って、必ず肌荒れするわけでもありませんし、逆に紫外線吸収剤不使用(紫外線散乱剤使用)だからと言って、肌荒れしないとも限りません。
中にはこの2つを組み合わせた日焼け止めもあります。

自分の肌質や使いごこちを考慮して、自分に一番合った日焼け止めを選びましょう!